【艦これ】2015年秋イベント E-3 抜錨!海上輸送部隊 攻略

【艦これ】2015年秋イベント E-3 抜錨!海上輸送部隊 攻略

2015年秋イベント E-3 抜錨!海上輸送部隊 コロネハイカラ島東方沖 の攻略情報です。E-2に続き新要素である連合艦隊の新編成「輸送護衛部隊」を駆使して出撃する海域となっており、クリア条件も再び「輸送揚陸ゲージ」を削り切ることとなっています。

今イベントは全て甲難易度で攻略するつもりでしたが、この海域のルート固定、敵編成、及び現状での戦力、資材、バケツなどを考慮した結果、当海域は乙難易度で攻略することとしました。詳細は後述します。

そのため本記事の編成例などの項目は乙難易度準拠で記載いたします。海域自体の攻略情報として甲難易度の情報も記載していますが、なにぶん実践に基づいた情報ではなくなってしまうことをお詫び申し上げます。

目次

この海域について

新連合艦隊の「輸送護衛部隊」による大規模輸送作戦です。

連合艦隊といってもそのほとんどを小型艦で構成したうえ装備もドラム缶を大量に搭載することになり、加えて道中は今イベント初登場の新敵艦・PT小鬼群による夜戦や戦艦、重巡クラスが行く手を阻みます。

そのため味方艦の被害が大きくなりやすく、特定の艦娘の有無とバケツの備蓄量が攻略のカギを握ります。

なおこのE-3、E-4と続けて連合艦隊マップとなるため、海域攻略中は遠征による資材の回復ができないか著しく滞ります。資材が減っていく一方となりますのでよほど余裕がある場合以外は計画的な資材の消費・回復を心かげましょう。

出撃制限

出撃制限札(お札)は「輸送作戦」。E-4に出撃した艦娘以外全て出撃可能。この海域に出撃した艦娘はE-4に出撃不可となります。

連合艦隊(輸送護衛部隊)での出撃となります。連合艦隊の編成方法については下記の記事をご参照下さい。

【艦これ】連合艦隊の編成方法

クリア条件

揚陸地点(Gマス)を経由しボスにA勝利以上を収めることで「輸送揚陸ゲージ」が減少し、ゲージを削り切ることでクリアとなります。最後もボス旗艦を撃沈する必要はありません。

ゲージ(TP)は甲作戦で800、乙作戦で500、丙作戦で300。ゲージ減少量はボスA勝利で40、艦隊に積んであるドラム缶1つにつき3.5増加、大発動艇1つにつき5.5増加となっており、ボスにS勝利するとゲージ減少量が約1.44倍(正確な数値は未判明)になります。

youriku_2015autumn_e3

※乙難易度でドラム缶16個を積みボスA勝利したところゲージが86しか減少しませんでした。(上記の計算では96になります)
上記の情報が誤っているか、難易度によってゲージの基本減少量が異なる、または他に何らかの要員があると考えられます。それによって下記の攻略回数目安も変わってきてしまいますのでご注意下さい。
なおS勝利では123でした。

ドラム缶、大発動艇をいくつ積むかの目安(甲作戦)

大発動艇1、ドラム缶21個:全てS勝利なら5回、全てA勝利なら7回でゲージ破壊
大発動艇1、ドラム缶18個:全てS勝利なら6回、全てA勝利なら8回でゲージ破壊
大発動艇1、ドラム缶15個:全てS勝利なら6回、全てA勝利なら9回でゲージ破壊
大発動艇1、ドラム缶12個:全てS勝利なら7回、全てA勝利なら10回でゲージ破壊
大発動艇1、ドラム缶9個:全てS勝利なら8回、全てA勝利なら11回でゲージ破壊
大発動艇1、ドラム缶6個:全てS勝利なら9回、全てA勝利なら12回でゲージ破壊

ドラム缶21個:全てS勝利なら5回、全てA勝利なら8回でゲージ破壊
ドラム缶18個:全てS勝利なら6回、全てA勝利なら8回でゲージ破壊
ドラム缶15個:全てS勝利なら7回、全てA勝利なら9回でゲージ破壊
ドラム缶12個:全てS勝利なら7回、全てA勝利なら10回でゲージ破壊
ドラム缶9個:全てS勝利なら8回、全てA勝利なら12回でゲージ破壊
ドラム缶6個:全てS勝利なら10回、全てA勝利なら14回でゲージ破壊

海域突破報酬

共通: 練習巡洋艦「鹿島」

  • 甲作戦:勲章、改修資材×4、四式水中聴音機
  • 乙作戦:勲章
  • 丙作戦:なし(次のE4海域で甲作戦を選択不可)

羅針盤

map_2015autumn_e3

Aマスは能動分岐ですが下へ進むと道中1戦多くなってしまううえ、新敵艦娘のPT小鬼群が出現する凶悪な夜戦マスへ確実に進行してしまうため選ぶ理由がありません。

そのため上ルートから進行し、できればEマスを避けてDマスへ進みたいところです。ルート固定条件は現状あきつ丸or水母or速吸+第一艦隊に航巡1以下+第二艦隊に重巡2以下、かつ航空戦艦を含まないという説が有力です。

あきつ丸がいなくても水母または速吸でルート固定自体は可能ですが、ボスマス編成には水母棲姫が含まれており、あきつ丸なしに航空優勢を取るには航戦2隻に爆撃機を大量に積む必要があります。

私が甲難易度での攻略を諦めたのはあきつ丸不在に加え、バケツに余裕がないため高難易度の大量の輸送揚陸ゲージを削りきったうえで後半作戦への余力を確保するのは困難だと判断したためです。

編成例(乙作戦、あきつ丸不在ゴリ押し編成)

以下、あきつ丸なし、乙難易度攻略時の編成紹介です。あきつ丸がいる場合は夕張を抜いてあきつ丸(烈風2以上積み)を入れるのが良いかと思います。

第一艦隊

fleet_2015autumn_e3

※クリックで画像拡大

輸送護衛部隊の編成制限上、駆逐艦4隻は確定。ボスマスと夜戦マス以外で航空優勢を取るために航巡に瑞雲を搭載しています。

航戦2とする手もありますがその場合Cマスからの分岐がEマス(夜戦マス)固定となります。

おすすめ:航巡1、軽巡1、駆逐4

装備

航巡

accessory_2015autumn_e31

瑞雲の他は連撃用に主砲2、途中撤退率を下げるために艦隊司令部施設を搭載しています。私の場合ですがボスまで行ければA勝利以上は安定したため重宝しました。

軽巡・駆逐艦

accessory_2015autumn_e32

この編成だと軽巡は射程短の五十鈴としておけば第一艦隊の第一撃目を必ず航巡が撃ってくれるのでおすすめです。私はここまでに戦力を無駄遣いしてしまい、お札による残存戦力の関係で五十鈴にはE-4のために温存せざるを得なくなりました。

第一撃目を撃つ航巡or軽巡以外は強力な敵編成には戦力にならず、弱い敵編成に対しては攻撃が回ってこないためドラム缶ガン積みがおすすめです。

第二艦隊

fleet_2015autumn_e3b

※クリックで画像拡大

おすすめ:軽巡1、重巡2、駆逐3

これまでとは異なり、この海域では第二艦隊が主力となります。戦闘能力の高い軽巡、駆逐艦はこちらに配備しましょう。

軽巡1(旗艦固定)、駆逐3は必須。残りは火力の高い重巡が良いでしょう。

装備

軽巡

accessory_2015autumn_e33

阿武隈改二に甲標的を積むのががおすすめです(真顔)。育っていない場合は主砲×2で夜戦連撃装備としつつ、探照灯などの夜戦装備や命中アップ用の電探がおすすめです。

重巡

accessory_2015autumn_e34

ボスマスと夜戦マス以外で弾着観測射撃(連撃)をするための構成です。1隻には夜偵を積んでおきたいところです。

駆逐艦

accessory_2015autumn_e35

運が高い艦娘は魚雷×2の夜戦カットイン装備、それ以外は主砲×2の夜戦連撃装備としましょう。残った枠には電探か夜戦装備がおすすめです。

攻略

kouryaku_2015autumn_e3

全体的に小型艦が多い構成で強力な敵艦隊の攻撃を凌ぎ、目的地に物資を輸送することになります。

基本的に戦闘はこちらが完全に不利ですので支援艦隊は惜しみなく使っていきましょう。ここをケチると突破が困難どうこう以前に大破祭り撤退連発となってストレスマッハです。

陣形

このルート、あきつ丸を入れた推奨ルートいずれも全てのマスで第四警戒航行序列(戦闘隊形)がおすすめです。

ドロップ

海風 瑞穂 秋月

美味しいのはボスマスドロップで、昨年秋イベント以来1年ぶりにようやく秋月の入手機会が与えられました。

他にも現在通常入手不可の瑞穂、海風、高波、通常時は4-5でのドロップのみとなっている朝霜、2隻目の入手手段が3-5と6-2でのドロップのみの明石などレア艦のドロップが豊富です。

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

「【艦これ】2015年秋イベント E-3 抜錨!海上輸送部隊 攻略」への6件のフィードバック

  1. この10月に着任したばかりの新米にとっては
    難易度落としての攻略記事も寧ろ参考になります。
    他所だとあきつ前提の甲攻略記事が普通で乙丙に関しては
    コメント欄漁るしかない様な状態ですので。

    1. ありがとうございます。
      あきつ丸は大型建造またはイベントドロップ限定艦娘ですし、この記事に関しましては私同様あきつ丸を編成に入れられない提督の参考になれば幸いと思っています。

  2. いつも拝見させてもらってます
    上記の編成だとE確定になりませんか?
    夕張の代わりにあきつ丸か水母入れたらDに行くと思うんですが・・・
    同じく乙でやってます

    1. コメントありがとうございます。
      確定にはなりませんでしたがEマスへ行く率はかなり高かった(半分以上)です。
      記事中にも記載していますがあきつ丸をお持ちでしたら夕張を抜いてあきつ丸を入れるべきです。

      水母や速吸によるD固定ですが、あきつ丸と違いボスマスで航空優勢にはできないこと、両艦とも回避や装甲が低く継戦能力に劣ること、何より私の場合水母、速吸ともあまり育っていなかったため上記の編成としました。

      我ながらかなり強引な編成だったとは思いますし、水母や速吸を入れることでD固定できるメリットはかなり大きいため、これらの艦でのルート固定も十二分に有効だと思います。(その方が良いという線も全然あると思います)

コメントを残す

頂いたコメントは一読した後表示させて頂いております。
反映まで2~3日かかる場合もございますがご了承下さい。