【艦これ第二期】2-2 効率的レベリング方法

補給艦(輸送艦)を含む弱めの敵艦隊と1戦するだけでボーキサイトも拾いつつ周回できる 2-2 でのレベリング方法をご紹介します。編成条件は2-1と同じでこちらは1戦しかできませんが、1戦だけする分にはこちらの方が敵が弱く経験値は多め。先制攻撃で敵を壊滅させられれば赤疲労での周回も可能です。

目次

羅針盤

空母系を3隻以上編成すること最初の分岐をBマスに固定できる点は2-1と同様ですが、こちらはDマス分岐でもほぼ同等の艦隊と戦うことができるため編成の幅が広めです。

分岐条件は空母系(正規空母、装甲空母、軽空母)3隻以上でBマス確定、航空戦艦を入れるとBマスまたはDマスへ進行します。

とはいえレベリング目的で周回するにはやはり空母系を中心とした先制攻撃によって敵を行動前に倒すことでこちらの被害を抑えるのが効率的でしょう。

編成例

※クリックで画像拡大

おすすめ
空母系3、自由3
育成艦の目安レベル:

空母系3隻をルート固定&先制攻撃要因として確保し、他は戦力と相談しつつ育成艦を配備します。余裕がありそうなら育成艦を最大の3隻まで入れたり戦闘力の低い艦を加え、逆に戦力不足を感じたら空母や雷巡などの先制攻撃艦を加えましょう。

旗艦にMVPを取らせるには先制攻撃艦以上の総ダメージ量を出させる必要があります。火力と行動順の早さが求められる以上、空母はもとより、戦艦や航空戦艦、重巡、航巡といった艦種の育成には向きますが、軽巡や駆逐艦といった小型艦の育成には不向きでしょう。

砲撃戦1戦目の行動順は艦娘の射程によって決定されます。もともと射程の長い戦艦はさほど困らないでしょうが、射程が中や短の艦娘を育てたい場合には熟練艦載機整備員や203mm/53 連装砲といった装備を積んで射程を調整しましょう。

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

頂いたコメントは一読した後表示させて頂いております。
反映まで2~3日かかる場合もございますがご了承下さい。