【艦これ】7-2 タウイタウイ泊地沖 セレベス海戦闘哨戒 攻略

【艦これ】7-2 タウイタウイ泊地沖 セレベス海戦闘哨戒 攻略

7-2 タウイタウイ泊地沖 セレベス海戦闘哨戒の攻略情報です。通常海域では初めて戦力ゲージを2本備えたマップとなっており、EO海域のようにゲージが毎月復活する点も通常海域では初。これまで通常入手手段のなかった水無月、天霧のドロップが確認されています。

目次

第一ゲージ

【艦これ】7-2 タウイタウイ泊地沖 セレベス海戦闘哨戒 第一ゲージマップ

分岐条件は複雑ですが、『軽巡1駆逐3』または『海防艦3軽空母2』の艦隊で最短ルートを進行できます。

道中は全て敵潜水艦、ボスは潜水艦に駆逐艦・補給艦が混じった編成となっているため、ボスでS勝利を狙うなら『海防艦3軽空母2』の編成の方が向いています。

編成例1

【艦これ】7-2 タウイタウイ泊地沖 セレベス海戦闘哨戒 第一ゲージ編成例1

※クリックで画像拡大

おすすめ
軽巡1駆逐3
攻略目安レベル:先制対潜可能な艦が複数隻いること

対潜戦がメインとなるため先生対潜攻撃ができる艦娘と装備を揃えて臨むのがおすすめです。艦娘やレベル、所持装備によっては余裕があるため、主砲などを積んでおけばボスでの水上艦への対処も安定します。

特に対潜値が高く甲標的も積める阿武隈改二はおすすめです。

陣形

道中は全て単横陣、ボスマスは複縦陣がおすすめです。

編成例2

【艦これ】7-2 タウイタウイ泊地沖 セレベス海戦闘哨戒 第一ゲージ編成例2

※クリックで画像拡大

おすすめ
軽空母2海防艦3

それなりに育った艦が揃えられるならこちらの編成の方がおすすめです。

軽空母は先生対潜攻撃のできる護衛空母(大鷹改二・神鷹改二・瑞鳳改二乙など)も有用ですが、空母が先に動いてしまい水上艦を撃ち漏らしやすくなってしまうことがあります。理想は水上艦を優先して攻撃する攻撃型軽空母(鈴谷航改二・熊野航改二)でしょう。

とはいえボスマスの潜水艦は3隻のため、先制対潜できる艦娘が3隻以上いれば砲撃戦開始前までに全ての敵潜水艦を落としておくことも可能です。

陣形

道中は全て単横陣、ボスマスは複縦陣がおすすめです。

【艦これ】7-2 タウイタウイ泊地沖 セレベス海戦闘哨戒 第一ゲージ攻略

第二ゲージ

【艦これ】7-2 タウイタウイ泊地沖 セレベス海戦闘哨戒 第二ゲージマップ

高速統一、(戦艦+空母)3隻以下、正規空母1隻以下、(駆逐+海防)2隻以上を全て満たす艦隊編成とすることで上記の最短ルートを進行可能。

第一ゲージとはうってかわって空母ヲ級を旗艦とする機動部隊がボス艦隊として待ち構えています。

編成例

【艦これ】7-2 タウイタウイ泊地沖 セレベス海戦闘哨戒 第二ゲージ編成例

※クリックで画像拡大

おすすめ
戦艦1、正規空母1、軽空母1、駆逐艦2、軽巡級1(高速統一)
攻略目安レベル:以上

まず悩むのが(戦艦+空母)3隻の枠をどう振り分けるかです。ボスの最も制空値の高いパターンに対して航空優勢とするには制空値359が必要となっており、道中の被撃墜を考慮すると380程度にしておきたいところ。これは烈風5~6スロット分に相当します。

無難な編成としては空母を2隻として制空をまかないつつも最低限の攻撃能力を残し、残る1隻は戦艦にして殲滅力を高め、道中で雷撃が飛んでくる危険を減らす形となるでしょう。

駆逐艦2隻はルート固定に必要。先制対潜攻撃可能な艦にしておくとCマスの対潜水艦戦の安定感が増します。

対潜先制爆雷攻撃について

残る1隻は重巡級以下から選ぶことができますが、先制雷撃が可能な軽巡や雷巡としておくと道中がさらに安定しやすくなります。レベルと装備によっては先制雷撃と先制対潜を両立することも可能です。

陣形

Cマスの対潜水艦戦のみ単横陣、それ以外は全て単縦陣です。

【艦これ】7-2 タウイタウイ泊地沖 セレベス海戦闘哨戒 第二ゲージ攻略

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

頂いたコメントは一読した後表示させて頂いております。
反映まで2~3日かかる場合もございますがご了承下さい。