対空カットイン射撃の仕様解説とおすすめ装備例

top_anti_aircraft_fire

2014年11月14日のメンテナンスで実装された艦対空迎撃システム「対空カットイン射撃」の概要と艦種ごとの装備例をご紹介します。航空戦の被害を減らしてくれるため、上手く使えば難関海域の攻略がいくらか楽になります。

目次

対空カットイン射撃とは

対空カットイン射撃は開幕航空戦において、発動条件を満たしている艦娘が一定の確率で敵の攻撃機や爆撃機を撃墜する対空射撃を行ってくれるシステムです。

発動すると開幕航空戦でお互いの艦載機が空母を発艦してから攻撃を行うまでの間にカットインが発生し、航空攻撃による被害を通常より少なくしてくれると考えられています。

なお、制空権への影響はありません。

発動条件

対空カットイン射撃の発動条件は艦種ごとに決められた特定の装備の組み合わせをしている艦が艦隊にいることです。

装備の組み合わせ

艦種・艦娘 必要装備1 必要装備2 必要装備3 追加装備
全ての水上艦
(潜水艦・潜水空母以外)
高角砲 高射装置 対空電探
25mm三連装機銃 集中配備 対空機銃 対空電探
小口径主砲装備可能な艦種 10cm高角砲+高射装置 対空電探 高角砲+高射装置
副砲装備可能な艦種 12.7cm高角砲+高射装置 対空電探 高角砲+高射装置
90mm単装高角砲
戦艦
航空戦艦
大口径主砲 高射装置 三式弾 対空電探
秋月・秋月改 高角砲(主砲) 電探 高角砲
高角砲 電探
摩耶改二 高角砲(副砲) 25mm三連装機銃 集中配備 対空電探

必要装備はいずれかの組み合わせを満たす必要がありますが、追加装備は対空カットイン射撃の発動に必須ではありません。

ただし追加装備を搭載している場合はカットイン時にその装備も表示されることから、発動率や迎撃性能に影響するのではないかと考えられています。

発動率

カットイン発動率の詳細については現在解明されていませんが、上記の装備組み合わせを満たす艦娘が複数いる場合それぞれに対して発動抽選が行われていると思われます。

条件を満たす艦娘が複数いる場合でも実際に対空カットイン射撃を行うのは1隻のみで、この選択は装備の組み合わせによって優先度が定められているようです。

おすすめ装備

駆逐艦・軽巡洋艦

accessory_2015se43

対空カットイン射撃を最も効率よく使うことができるのが駆逐艦です。

10cm高角砲+高射装置(通称秋月砲)さえあれば上記のように高角砲+高射装置・高角砲(主砲)・対空電探とすることで火力を落とさず、夜戦連撃も維持したまま対空カットイン射撃を行うことができます。

accessory_anti_aircraft_fire4

秋月砲を持っていない場合は10cm連装高角砲×2と高射装置でも対空カットイン射撃を発動することができます。この場合は追加装備の対空電探は装備できませんが夜戦連撃と両立できるため、やはり火力を落とさずに条件を満たすことができます。

秋月・秋月改

防空駆逐艦である秋月に限り、主砲扱いの高角砲(10cm連装高角砲)と高角砲or電探(水上電探可)で対空カットイン射撃を発動することができます。具体的には10cm連装高角砲×2と電探あたりになります。

秋月の注意点として、他の駆逐艦よりも対空カットインの優先度が低いことが挙げられます。対空カットイン要員を複数編成に入れると強力な対空値を持つ秋月のカットインが発動しづらくなるため、艦隊編成時は考慮する必要があります。

摩耶改二

accessory3-5-1

防空巡洋艦に生まれ変わった摩耶も秋月同様、専用の対空カットインを持っています。上図のように主砲・高角砲(副砲)・偵察機(観測機)・25mm三連装機銃 集中配備とすることで対空カットイン射撃、昼戦主副カットイン、夜戦連撃を兼ねられます。

高角砲の火力の低さと、弾着観測射撃が連撃ではなく主副カットインになってしまうことから昼戦火力はやや低下してしまうものの、重巡洋艦の火力と装甲を持ちながら防空をこなせるという点では現状唯一の艦娘です。

大淀

accessory_anti_aircraft_fire3

秋月や摩耶と違い専用の対空カットイン装備を持っているわけではありませんが、大淀自体が偵察機を搭載可能な4スロット軽巡という唯一の特性を持っています。(夕張は偵察機自体は装備可能なものの搭載数が0)

主砲・高角砲(副砲)・偵察機(観測機)・対空電探と装備してあげれば摩耶改二同様、対空カットイン射撃、昼戦主副カットイン、夜戦連撃をすべて兼ねられます。

重巡洋艦・航空巡洋艦

accessory_anti_aircraft_fire1

重巡洋艦・航空巡洋艦は対空カットイン射撃可能なものの、自慢の火力が大きく低下してしまうことから対空カットイン要員には向いていません。

一応、主砲・高角砲(主砲)・偵察機(観測機)・高射装置とすることで対空カットイン射撃、昼戦主副カットイン、夜戦連撃を兼ねられますが、弾着観測射撃の火力が低下してしまううえ対空値の関係から摩耶ほどの防空性能は期待できません。

戦艦・航空戦艦

accessory_anti_aircraft_fire2

対空カットイン要員として最も不適切なのが戦艦・航空戦艦でしょう。これらの艦種で対空カットイン射撃を行うためには少なくとも大口径主砲・三式弾・高射装置で3スロットを埋める必要があり、弾着観測射撃自体が不可能になってしまいます。

対空値は高めに設定されているものの、昼戦でのメイン火力という戦艦の一番の役割を放棄してまで戦艦に防空を任せるのはデメリットが大きすぎます。

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

「対空カットイン射撃の仕様解説とおすすめ装備例」への8件のフィードバック

    1. 雪香様

      8cm高角砲は『高角砲』と『副砲』の機能を両方備えているため10cm連装高角砲の代わりにしても問題ないかと思います。
      ただし『高射装置』は内蔵していないため、対空カットイン射撃を行うには別途高射装置が必要です。

    2. 雪華提督へ。
      摩耶様で、ソレやってますw
      8cm高角砲、25ミリ集中、91式高射装置、61cm4連酸素魚雷で、夜戦対応させて頑張って貰ってます。

      1. あ、おい待てぃ摩耶様に高射装置必要ないゾ
        夜戦対応なら主/高角砲/機銃集中/対空電探の連撃型
        か魚/魚/高角砲/機銃集中のWカットインがおすすめゾ

コメントを残す

頂いたコメントは一読した後表示させて頂いております。
反映まで2~3日かかる場合もございますがご了承下さい。