【曜日別】改修工廠のおすすめ装備改修

【曜日別】改修工廠のおすすめ装備改修

工作艦・明石を旗艦(秘書艦)にすることで利用可能な明石の改修工廠。曜日と2番艦に配備した艦娘によって改修可能な装備が変わるので曜日ごとに改修可能な装備をまとめてみました。「今日は何が改修可能だっけ?」という時に利用していただければと思います。

回収可能な装備は現在多岐にわたり、中には強化する旨味のないもの(むしろレベリング時に随伴艦の火力を低く抑えるのに便利な装備)や、改修maxにして装備更新せずともそもそも開発可能なものもあるため、改修するメリットが著しく低いと判断したものは独断で除きました。

また、改修には燃料・弾薬などの資源、開発資材、改修資材(ネジ)、消費装備が必要となりますが、このうちあまり気にならないであろう資源、開発資材に関しては省略し、改修資材(ネジ)と消費装備のみ記載しています。

※2017/1/13
『艦上爆撃機』『艦上偵察機』『探照灯』『バルジ』の項目を追加し、「零式艦戦62型(爆戦)」「零戦62型(爆戦/岩井隊)」「試製景雲(艦偵型)」「探照灯」「96式150cm探照灯」「増設バルジ(大型艦)」「艦本新設計 増設バルジ(大型艦)」「特大発動艇」の改修情報を追記しました。

どの装備を優先して改修すれば良いのか

一般論としては『使用頻度の高いもの』や『火力などの数値が足りていないと感じるもの』『長く使えそうなもの(上位互換装備がしばらく出そうにないもの)』となりますが、数値の不足感に関してはその時々のイベント内容やボスの艦種によって異なるため一概には言えませんし、上位装備が出るかどうかは予想が難しいところです。

そのため無難なところでは『使用頻度の高いもの』かつ『現在入手できる中で最高レベルの装備』を改修しておけば無駄になる可能性は低くなります。

具体例として主砲は使用頻度が高くなりやすく、その中でも小口径の『10cm高角砲+高射装置(秋月砲)』や中口径の『20.3cm(2号)連装砲』と『20.3cm(3号)連装砲』、大口径の各種『試製三連装砲』は現在各カテゴリ最強レベルの装備と言って良いでしょう。(戦艦はフィット補正があるのでそちらも考慮する必要がありますが)

逆に夜戦用装備の『探照灯』や『夜偵』、対潜水艦用装備の『三式爆雷投射機』『三式水中探信儀』などは使用シーンが限られるため、比較的使用頻度が低くなりがちです。(もちろんプレイスタイルやその時々のイベント内容にもよるため一概には言えませんが)

また、電探のように改修に大量のネジを必要とする装備は改修序盤で手を出すにはコストパフォーマンスが悪いでしょう。

どちらの装備を優先するべきかわからない場合

艦これには数多くの装備カテゴリが存在し、同じ装備カテゴリの中でも複数のパラメータが上昇するものが多いため、完全な上位互換、下位互換と呼べるものは多くありません。

例えば中口径主砲の「20.3cm(2号)連装砲」と「20.3cm(3号)連装砲」は火力・対空は3号砲の方が1高いものの、命中は2号砲の方が1高いため、どちらが良いかは使用する局面や目的によって異なります。

上の例で言えば、艦レベルで考えるなら回避の高い相手には2号砲の方が有効で、装甲の高い相手には3号砲の方が有効と考えられます。

これに加え艦隊レベルで考えると、マップに対して艦隊の火力に余裕があり、砲撃の際に確実にダメージを蓄積させることを目的とするなら2号砲。S勝利が難しく敵旗艦をスナイプするような展開では、限られた攻撃チャンスで少しでも多くのダメージを与えられる(=撃沈できる確率の高い)3号砲の方が向いていると言えます。

そのためどちらの改修を優先すれば良いか、画一的な答えはありません。

ただし改修の効果は「√改修値=整数」となるごとに上昇するという検証結果があるため、優先度の高いもの同士であれば様々な装備をちょっとずつ改修するというのがコストパフォーマンスに優れる改修計画なのではないかと思います。

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

「【曜日別】改修工廠のおすすめ装備改修」への5件のフィードバック

    1. くさたいぷ様

      申し訳ありません、載せ忘れておりました。
      夜偵及び零式水上偵察機の改修情報を追記致しました。

  1. おはようございます。お聞きしたい事があり。投稿させていただきました。装備改修なんですが。どの装備を優先して改修していけばいいですか?主に使う艦は、駆逐艦、軽巡、重巡、航巡、になります。ご教授していただければ、幸いです。

    1. 柱島泊地のおちこぼれ提督様

      どの装備の優先度が高いかは難しいところで、この記事に記載している装備は適した局面が異なるだけでいずれも有用です。
      強いて汎用性の高いものを挙げるとすれば、駆逐、軽巡、重巡、航巡の装備では「10cm高角砲+高射装置」「61cm五連装(酸素)魚雷」「OTO 152mm三連装速射砲」「四式水中聴音機」「三式爆雷投射機」「20.3cm(2号)連装砲」「20.3cm(3号)連装砲」あたりでしょうか。
      最近追加された「零式水上観測機」も弾着観測射撃のシステム上かなり使用頻度の高い装備のため使いどころは多いかと思います。

    2. 基本は日頃の出撃で「よく使う装備」でしょ。僕はまだ大和型だのZ1以外の海外艦だの(装備的に)レア艦持ってないので…

      戦艦主砲(拾った戦艦が持ってくる35.6と41)
      駆逐主砲(普通の12.7cm or 持ってればB2)
      を最初に。中口径主砲は改二勢が出てから。

      索敵値で泣くので、駆逐艦に載せる小型電探(13型改に13型を食わせる)。
      あとはオリョクル用にダブついてる酸素魚雷。
      稀に勢いで水偵・ソナー・爆雷その他。

コメントを残す

頂いたコメントは一読した後表示させて頂いております。
反映まで2~3日かかる場合もございますがご了承下さい。