艦これ初心者講座

何を重要視してどのように艦隊を運用していけば良いのかわからない、という方向けに、艦これをプレイするうえで「これだけは覚えておけ!」という大枠部分を解説します。着任間もない新人提督さんたちの指針となれば幸いです。

目次

資材管理の重要性

kancolle-beginner1

戦略レベルシミュレーションに触れたことのある方は慣れたものかもしれませんが、この手のシミュレーションゲームで最も重要視すべきなのはユニット個々の強さでも強力な装備でもなくプレイヤー自身の資材管理能力です。

特に艦これでは一定の条件を守って出撃していれば艦娘が轟沈(ロスト)することはないため、難関海域やイベントを攻略できない原因はほぼ100%資材不足によるものです。(リアルが忙しくて時間が足りないとかはここでは置いておきましょう)

いかに強力な艦娘や装備が揃っていようとも資材がなければ出撃どころか修理すらままなりません。かつての大日本帝国の二の舞となってしまいます。

資材は主に遠征や任務で稼ぐことができますが、単に資材を多く稼ぐだけでなく、無駄な出費を抑えることや適切な時期に適切な資材量を備えておくことが重要です。

始めたての頃は下記のことを意識してプレイすると良いでしょう。特に第三、第四艦隊を開放することで遠征に出せる艦隊が多くなり、資材の入りを大きく向上させることができるため艦隊の開放は序盤の最重要項目と言っても良いでしょう。

  • 第三、第四艦隊の開放(特定任務の達成が必要)
  • 遠征を成功させて開放していき、報酬の美味しい遠征に出せるようにする
  • 毎日出現する簡単な任務をなるべく達成する
  • 毎年2月、5月、8月、11月近辺に行われる大型イベント前は資材の支出を抑え備蓄に励む

戦力の拡充

次に重要なのが艦娘の数、種類、練度(レベル)、装備品などの戦力を整えることです。

難関海域やイベント海域では出撃に艦種制限があったり、特定の艦種・艦娘による進行ルート固定などがあるため偏った艦種だけでは攻略できません。また、艦娘のレベルを上げたり、改造や近代化改修を行うことで戦闘能力が向上し、海域を攻略しやすくなります。

まずは最初のマップで駆逐艦・軽巡洋艦の数を揃えましょう。ある程度数が整ったら戦艦を1隻入手したいところですが、ドロップでの入手はそれなりに戦力が必要なため最初の1隻は建造で狙うのが良いでしょう。レシピは下記がおすすめです。

beginner_recipe2

空母は総じて入手が困難ですが、任務(クエスト)を進めて行くことで「赤城」を入手することができます。ただし万一轟沈させてしまうと再入手は非常に困難なため扱いには十二分に注意しましょう。

ここまで揃えることができれば基本的に建造は不要です。艦これではほとんどの艦娘が海域ドロップで入手可能なため、攻略を進めてドロップでの入手を狙うのが経済的です。

轟沈(ロスト)の回避

艦これでは無茶な戦い方をしてしまうと大切な艦娘が轟沈してしまう場合があります。救済措置は一切用意されておらず、轟沈した艦娘は完全に失われてしまいます。

しかし一定の条件を守ってさえいれば艦娘が轟沈することはありません。「一定の条件」は運営から公式には公開されていませんが、「大破状態で次の戦闘を行った場合」という説が非常に有力です。

ただし「夜戦」は「次の戦闘」とはみなされず、轟沈する可能性があるのは「大破状態で出撃」または「大破状態で進撃」を行った場合のみとされています。

もっともこの説は多くの提督たちによる検証によって有力とされている説であり、公式からの発表ではないため留意が必要です。(一応ですが私はこの条件を守って轟沈したことは一度もありません)

制空権の確保

kancolle-beginner2

艦これでは敵味方いずれかの艦隊に航空機を搭載した空母や軽空母、水上機母艦が含まれた状態で戦闘が開始されると「航空戦」が発生します。この「航空戦」において決定される「制空状態」は戦闘を大きく左右する重要要素です。

基本的に制空状態を左右するのは空母・軽空母に搭載可能な艦上戦闘機(九六式艦戦、零戦など)で、味方の戦闘機が優勢ならば制空権確保や航空優勢、少なければ航空劣勢や制空権喪失となります。

制空状態が優勢であればあるほど味方の航空機の被撃墜数が少なくなり、戦艦や重巡洋艦などの高火力艦が「弾着観測射撃」と呼ばれる強力な攻撃を行うことが可能となります。

逆に制空状態が劣勢だと味方が弾着観測射撃を行えないばかりか敵艦がこの強力な攻撃を行ってくるようになります。また、撃墜された航空機の補充には最も貯まりづらい資材であるボーキサイトを消費します。

基本的に編成に空母を入れる場合は制空状態を航空優勢以上にすることがセオリーです。空母や軽空母には艦攻や艦爆だけでなく戦闘機をある程度積むよう心がけましょう。

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

頂いたコメントは一読した後表示させて頂いております。
反映まで2~3日かかる場合もございますがご了承下さい。