【艦これ】1-4 南西諸島防衛線 南1号作戦 攻略

【艦これ】1-4 南西諸島防衛線 攻略

1-3は敵艦隊の戦力増強もあったとはいえルートさえそれなければ突破は難しくありませんでした。1-4では逆にルートはそれずらいものの、敵艦隊に初めて空母が含まれること、ルートによってはボスが3戦目になることから戦闘面での難易度が上昇しています。

目次

羅針盤

map1-4

ルート分岐はランダムとなっています。ここではまだ艦隊編成による羅針盤制御を気にする必要はありませんが、逆にルート固定によって突破を楽にすることもできません。

特にAorB → C → E → F(ボス)の3戦ルートとなった場合、ボス前で誰かしら大破してしまいせっかくボスマスへの到達が確定していても撤退を余儀なくされることもあります。

編成例

freet1-4

おすすめ:戦艦1、重巡2~3、残り軽巡
攻略目安レベル:10以上

ベストは正規空母または軽空母を編成に入れることですがこの時点では空母系がまだ着任していない提督も多いはず。もし建造などで持っている場合は軽巡枠と交代で編成に加えましょう。

多くの場合空母なしで攻略することになるのですがその場合制空権喪失は免れません。とはいえこのマップの敵艦船は弾着観測射撃(航空優勢以上でのみ発動できる昼間特殊砲撃)をしてこないため、怖いのは開幕戦での航空機の雷撃・爆撃のみとなります。

とはいえ装甲の薄い軽巡、駆逐はそれだけで大破してしまうこともあります。ルート的にはボス到達率が高く無駄出撃になることは少ないので、持ちうるありったけの戦艦と重巡を投入して素早く攻略してしまったほうが良いでしょう。

装備

戦艦

accessory1-4-1

戦艦は初期装備でも十分強力ですが、戦艦用の主砲(赤色)が余っている場合は副砲(黄色)を外して主砲を装備しましょう。また、零式水上偵察機がある場合は装備しておくと戦闘前の索敵、戦闘時の命中率上昇など様々な恩恵があります。

特に空母・軽空母を編成に入れられる場合は、偵察機を載せていると制空状態が優勢以上であれば高命中・高威力の弾着観測射撃が発動できます。

重巡洋艦

accessory1-4-2

可能なら主砲・主砲・偵察機を装備しましょう。なければ主砲3つや副砲を混ぜても構いません。重巡洋艦も上図の構成で弾着観測射撃が発動できるので、今後編成に空母系が入ってくることになればこれがテンプレ装備となります。

軽巡洋艦

accessory1-4-3

道中の敵駆逐艦や軽巡などの装甲の薄い艦を落とす目的で主砲・主砲がおすすめです。

どのみち軽巡洋艦の火力では昼戦で装甲の厚い敵艦は貫けないため、ボスでの夜戦火力を重視して主砲・魚雷とするのもありかもしれませんが、ボスマス昼戦で軽巡洋艦が大破してしまうと夜戦に参加できないため微妙です。

空母・軽空母

空母・軽空母を編成に入れられる場合は艦戦(緑色の艦載機)を搭載してボス戦での航空優勢以上を狙いましょう。ただし航空優勢には零式艦戦21型以上が2つないと厳しいため、空母系を持っていても編成に入れられない場合もありえます。

一応目安としては祥鳳型の18機・9機の2スロットに零式艦戦21型を装備すればボス戦で航空優勢とすることは十分可能です。

攻略

今までよりもかなり取得経験値の多い海域なので突破が難しければ1マス目撤退を繰り返して艦隊の練度を高めるのもいいでしょう。それなりの練度の重量編成が組めれば突破はさして難しくありません。

この海域を突破できれば駆逐・軽巡の絶好のレベリング海域である1-5が開放されるためなるべく早く突破したいところです。

陣形

基本的に全て単縦陣でOKです。航空戦での被害が気になる場合は敵空母の出現するEマスとボスマスのみ複縦陣を敷いてみるのも悪くないでしょう。

複縦陣では砲雷撃戦火力はやや低下しますが対空値にプラス補正がかかるという説が有力です。

ドロップ

鳳翔 龍驤 巻雲

軽空母鳳翔がマップ全域で、ボスマスでは龍驤・祥鳳がドロップします。

同じくボスドロップの巻雲は駆逐艦としては初期値・最終値ともに高水準で、改造後は三式水中探信儀(現在の艦これで最強のソナー)を持ってきてくれます。ドロップした場合は積極的に育ててあげると良いでしょう。

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

「【艦これ】1-4 南西諸島防衛線 南1号作戦 攻略」への1件のフィードバック

コメントを残す

頂いたコメントは一読した後表示させて頂いております。
反映まで2~3日かかる場合もございますがご了承下さい。