【艦これ】2018年冬イベント E-4 サマール沖 その先へ―― 攻略

2018年冬イベント E-4 サマール沖/レイテ湾 サマール沖 その先へ――の攻略情報です。E2同様、西村・栗田両艦隊を用いて攻略する海域となっており、西村艦隊ルートを攻略することで栗田艦隊ルートの終点にボスマスが出現する形となっています。

※この記事は基本的に乙難易度準拠で記載しています。また、新たな情報が判明し次第、随時記事内容を追記・編集していきます。

目次

この海域について

E2同様、出撃編成によって西村艦隊栗田艦隊いずれかの札が付き、それぞれ別ルートを進行します。

通常艦隊または遊撃部隊での出撃で西村艦隊ルートへ、連合艦隊での出撃で栗田艦隊ルートへ進行します。

ボス艦隊

ボス旗艦はガンビアベイモチーフの護衛棲水姫。夜間航空機を3スロット搭載しており、こちらが夜戦で探照灯を照射した場合のみ夜戦でも攻撃してくるがその威力は絶大。後述する友軍艦隊の探照灯発動はノーカウント。

友軍艦隊

ボスマスでの夜戦開始時に友軍艦隊が現れ本隊の前に夜戦戦闘を行ってくれます。

友軍艦隊は英仏合同・十九駆・西村艦隊・第四戦隊・ソロモン組など数パターンが確認されていますが、自艦隊の編成に含まれる艦がいる編成の友軍艦隊は来ないようです。

出撃制限

基地航空隊使用可能(初期航空隊数:2、出撃可能航空隊数:2)
・必要となる行動半径:ボスマス4、Rマス4

お札

下記のそれぞれの海域に出撃した艦娘に「出撃識別札」が付与されます。

  • E1:警戒部隊
  • E2:西村艦隊栗田艦隊
  • E3:小沢艦隊
  • E4:西村艦隊栗田艦隊
  • E5:志摩艦隊
  • E6:志摩艦隊栗田艦隊
  • E7:なし(全艦娘出撃可能)

「出撃識別札」が付与された艦娘は、別の出撃札が付与される海域の甲・乙難易度での出撃はできません。

クリア条件

ボスマス本隊の旗艦に与ダメージでゲージ減少。ボス最終形態の旗艦撃沈でゲージ破壊、クリア。

海域突破報酬

共通:軽空母「Gambier Bay」

  • 甲作戦:補強増設 夜間作戦航空要員 130mm B-13連装砲 戦闘詳報 勲章
  • 乙作戦:補強増設 夜間作戦航空要員 130mm B-13連装砲 勲章
  • 丙作戦:130mm B-13連装砲 勲章
  • 丁作戦:なし

甲と乙の報酬差はクォータリー任務で入手可能な戦闘詳報のみ。これまでの海域と比べ飛躍的に難易度が上昇するとのことなので練度と備蓄に余裕のない提督は乙難易度を選んだほうが無難です。

丙まで落とすと補強増設と夜間作戦航空要員が入手できなくなりますが、夜間作戦航空要員はSaratogaの出撃任務で入手可能です。乙でも十分高難易度とのことなので無理をせず自分にあった難易度を選択しましょう。

ボスマス出現ギミック

西村艦隊ルート最奥のNマスで勝利することで栗田艦隊ルートの終点にボスマスが出現します。丁難度の場合のみ手前のMマスを踏むだけでギミック解除となるもよう。

※クリックで画像拡大

西村艦隊で遊撃部隊を編成して出撃しましょう。2戦目のFマスでは敵潜水艦が1隻混じるため対潜要員を1隻用意しておくのが無難です。

M、Nの夜戦マスは警戒陣で臨むのが良いでしょう。

羅針盤

連合艦隊の水上打撃部隊を編成することで上スタート地点からスタート。あとは史実の栗田艦隊艦娘の数によって最短ルートを通れるかどうかが決まると思われます。

また、最短ルートを通るためには低速艦を最大3隻までに抑える必要があります。

史実艦の必要数は10隻,乙で8隻、丙で6隻。栗田艦隊ではあるものの朝霜は固定対象外のため注意が必要です。

編成例

本イベントに関係する可能性のある史実艦隊

E4は史実の西村艦隊および栗田艦隊のエピソードをモチーフとした海域のため、西村艦隊、栗田艦隊の艦娘たちを中心に編成し、他艦隊の艦娘は温存しておきましょう。
また、この海域では鈴木艦隊(栗田艦隊第二部隊)も栗田艦隊として扱われていると思われます。

西村艦隊:扶桑、山城、最上、山雲、満潮、朝雲、時雨
栗田艦隊:大和、武蔵、長門、愛宕、高雄、摩耶、鳥海、妙高、羽黒、能代、島風、早霜、藤波、沖波、長波、朝霜
小沢艦隊:瑞鶴、伊勢、日向、千歳、千代田、瑞鳳、多摩、五十鈴、大淀、秋月、初月
志摩艦隊:那智、足柄、青葉、鬼怒、阿武隈、曙、潮、霞、不知火、初春、若葉、初霜、浦波
鈴木艦隊:金剛、榛名、利根、筑摩、熊野、鈴谷、矢矧、浦風、磯風、浜風、雪風、野分、清霜
連合軍:Iowa

※クリックで画像拡大

おすすめ
史実栗田艦隊を中心とした水上打撃部隊
(低速艦3隻以下)

史実栗田艦隊所属艦にはボスおよびボス前Rマスで倍率1.25倍の特効が確認されています。最短ルート固定もかねて可能な限り史実艦で編成したほうが良いでしょう。

道中最短でも空襲戦2回に加えO、Qマスでは敵機動部隊との戦闘となるため、軽空母2隻による航空戦力と対空カットイン要員が欲しいところ。史実艦でもあり強力な対空カットインを有する摩耶改二がいるならおすすめです。

かなりの長期戦海域のためボス戦では弾薬ペナルティによって与ダメージが低下します。史実特効の対象艦であり魚雷カットインを狙いやすい妙高、雪風が育っているなら編成に入れてあげましょう。

なお第二艦隊の艦に探照灯を装備すると護衛棲水姫が夜間攻撃を行ってくるため、探照灯は装備しないでおきましょう。

最終形態時

乙難易度のためか、上記編成・装備のままで試しに最終形態に臨んでみたところギリギリでしたが1発クリアできました。

最終形態で苦戦する場合や甲難易度の場合は
・旗艦の艦隊司令部施設を徹甲弾に交換(どのみち退避させたらボス撃沈は難しい)
・第二艦隊の幸運艦を夜戦連撃ではなく夜戦カットイン装備に
・第二艦隊の旗艦を速吸にして洋上補給を装備

などを試してみると良いかと思います。

攻略

ボスの硬さもさることながらボス手前のRマスでは戦艦6隻を主力とした敵連合艦隊との戦闘がありこちらが最大の難所。さらにその手前のQマスも軽母ヌ級最大4隻の艦隊が出現し、こちらもかなり厄介です。

最短ルートでもボス戦は燃料20%、弾薬32%で挑むことになるため、燃料・弾薬両ペナルティによって回避率、与ダメージともに下方修正がかかります。第二艦隊旗艦に速吸を配備して洋上補給を行うのも一考です。

陣形

1戦目Aマスのみ第一(対潜警戒)、その後2戦は空襲戦のため第三(輪形陣)、Oマス以降は通常戦闘のため第四(戦闘隊形)で決戦に臨みましょう。

支援艦隊

道中・決戦とも必須。支援射撃艦隊が良いでしょう。

基地航空隊

2部隊とも「出撃」とし、片方をボス前Rマスに、もう片方をボスマスに出撃させました。

最終形態時ボス撃沈に苦戦する場合は道中の安定感は下がるものの、両方ともボス集中にするのも一つの手です。

ドロップ

ボスマスにて藤波 Jervis(ジャーヴィス) 三隈 Ark Royal(アークロイヤル) Richelieu(リシュリュー) Warspite (ウォースパイト) 大東 あきつ丸のドロップが報告されています。

スポンサード リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加

4 thoughts on “【艦これ】2018年冬イベント E-4 サマール沖 その先へ―― 攻略”

  1. 丙でやっとこさ攻略完了!
    ボスマス手前でアークロイヤルをゲット!!
    報酬艦のガンビアベイとで米英艦隊を構成するかな?

    残念ながら燃料枯渇のため栗田艦隊は撤収します

  2. 攻略情報いつもお世話になっております。
    乙で攻略しようと試みましたがボス前の編成で沼の予感がしたので(笑)、早々に丙にしました。丙でもボス前は戦艦6隻でしたが…。
    乙でボス出現ギミックを行ってから丙にしましたが、ギミック解除済みの状態でした。
    ボスマスでリシュリュー確認しました。

コメントを残す

頂いたコメントは一読した後表示させて頂いております。
反映まで2~3日かかる場合もございますがご了承下さい。